全身脱毛の技術はどのようなものがある?

全身脱毛の手法と技術はいくつかあり、主な技術は、レーザー光を使ったものと、フラッシュを使ったものがあります。全身脱毛をすることによって、処理を施した毛穴に対して、毛になる元を取り除くことができ、その毛穴からは再び毛が生えてくる事がなくなります。全身脱毛をすることにより、肌のキメは細かくなり、デキモノの原因となる汚れがたまりやすい肌の毛穴は小さくなり、それによって肌は綺麗になります。レーザー光を使った脱毛方法では、レーザー光を当てた瞬間のみ痛みがありますが、その一瞬だけですので僅かな時間しか痛みはありません。

黒や茶色にあたると吸収されるレーザーを照射することにより、毛穴の中にある毛根や周辺の組織を破壊することで脱毛できます。1回のレーザー脱毛では効果が薄く全体の15%ほどしか完了しません。通常は5回程度は毛穴に照射することで脱毛の大きな実感が得られます。脱毛の完了時期は中期から長期となります。

フラッシュを使った脱毛では、インテンスパルスライトやプラズマのような光のエネルギーを使った技術手法になります。光脱毛と呼ばれることもあります。レーザー脱毛と比べるとずっと早く脱毛の処理が完了するためなかなか時間がとれない方におすすめです。また、痛みや熱もレーザー脱毛と比べるとずっと少なく、短い痛みで済みます。

フラッシュ脱毛は永久脱毛とは違い不再生脱毛と呼ばれています。繰り返し行うことで発毛しにくくなるという手法です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です