光脱毛後の匂いがきつくなるのはなぜなのか

光脱毛後に匂いがきつくなったという話を聞いたことがあるでしょうか。光脱毛のような脱毛施術後に脇などの匂いが気になるようになったという人は少なくありません。このニオイが気になるようになったという人の多くはニオイそのものがきつくなったというわけではなく施術後に汗をかく量が増え、それが原因で汗のニオイが気になるようになったという人が少なくありません。なぜ、光脱毛のような脱毛の施術後に汗をかく量が増えるのか。

本来、脱毛によって毛がなくなればニオイは弱まるはずです。これはニオイの原因となる雑菌が毛根と毛の周辺などに溜まることなくなり、そこで雑菌が増殖してニオイの原因となること自体がなくなるためです。脱毛の施術後にニオイが強くなる理由が考えられるとすれば、それは脱毛後の毛穴などに垢や雑菌がたまり、それがニオイを発する場合というものが考えられます。このように本来、脱毛後に汗をかくようになるということは考えられないのですが、現実に脱毛後に汗をかく量が増えたと脱毛を行った医院やサロンなどに訪れる人は少なくありません。

この現象は明確には解明されていません。ですが脱毛後多汗症と呼ばれるものがあり、この際に体から出る汗は運動などの後に出る汗と違い汗の濃度が濃く、汗自体も一気に出てくるため強いニオイを発する原因となってしまいます。脱毛後に匂いがきつくなり、汗の量が増える原因に明確な答えはありません。しかし、こういった現象を解決するために様々な手段が試行錯誤されています。

もし、こういった現象に悩んでいるならば、脱毛の施術を行った医院やサロンなどに相談してみるのもよいのかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です