自宅でできる光脱毛のコツ

光脱毛は、家庭用の脱毛器が市販されるようになったりと自宅でも可能となっています。しかし、やはり自分で脱毛をやるとなるとコツを抑えておかないとうまくいかないでしょう。光脱毛を自分でやる上でのコツとはどういったものなのかここで確認をしておきましょう。光脱毛を自分でやるコツの一つは、まずはムラなくしっかりとやることでしょう。

一人でやると、やはりムラを作ってしまいます。そのため、脱毛が進んでいる個所と進んでいない箇所を作ってしまい、見苦しくなる可能性もあります。一人でやる場合はムラを作らないことに意識してしっかりと行いましょう。また、なるべく同じ個所の脱毛は数カ月頻度で行うという事も一つのコツです。

これは、二つほど理由があり、一つは光脱毛も多かれ少なかれ肌に刺激を与えるためです。あまりにも高頻度で自分で施術をしていればやはり、肌が乾燥してしまったり、軽いやけどを負ってしまう事があります。もう一つの理由は、脱毛は数カ月くらいスパンを開けて行う方が効果的であるためです。基本的に光脱毛器の照射する光は成長期のムダ毛にしか効果がありません。

休止期、退行期のムダ毛には効果がないのです。そのため、現在休止期、あるいは退行期のムダ毛も数カ月後には成長期へと移行するでしょうから、そこを脱毛器で照射してあげる必要があるのです。自宅でできるようになったものの、簡単に施術が成功出来るというわけではありませんので、しっかりとコツを抑えてキレイに脱毛しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です