コラーゲンヨガってどんなもの

コラーゲンヨガとは、本格的なヨガレッスンにコラーゲンを生成するライトを組み合わせたものです。このコラーゲンライトを浴びながらヨガを行っていきます。コラーゲンライトとは、633ナノメートルの可視光線が放出されるものです。可視光線は、人間の目で見える波長のもので、安全性もさまざまな研究で証明されています。

この光が、肌の真皮層に届いて内部から肌を活性化させることで、コラーゲンの生成を促進します。皮膚の真皮のコラーゲンが可視光線を吸収して、加温されることで、血液循環が改善し、効率的に肌に栄養素を送り届けることが可能になります。また、血液循環が改善されることで、老廃物も流れるようになり、デトックス効果が発揮されます。ヨガエクササイズによっても体の内側から、デトックスし、新陳代謝も活性化させます。

コラーゲンとは、人間の体内に最も多く含まれており、体の皮膚や筋肉、内臓、骨、目、髪などのあらゆる組織に存在しています。人間の体に必要不可欠なものではありますが、コラーゲンの量は、10代後半をピークとして、歳を重ねるたびに減少してしまいます。コラーゲンの不足は、しわなどの皮膚のトラブルはもちろん、骨の衰えにも影響を与えます。だからこそ、このコラーゲンを生成するコラーゲンヨガは、注目されています。

ヨガで、運動不足が解消されることに加え、コラーゲンが生成されることで肌の弾力やハリが保たれるので、コラーゲンヨガは健康、美容の両面で効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です