バストアップサプリとは

多くの女性の悩みのひとつが、バストの大きさやハリなどです。とくに、20代のころには、バストのサイズが小さいことに悩む女性が多く、出産や授乳を経験した30代や40代になると、ハリのなさに悩む女性が多くなるといわれています。このような女性のバストの悩みを解決するもののアイテムのひとつとして、バストアップサプリが人気です。この成分や効き目はどのようなものなのでしょうか。

バストアップをする効果があるとされているバストアップサプリの多くに含まれている成分は、プエラリアとよばれるものです。これはタイの北部やミャンマーにもともと自生しているマメ科の植物です。この植物の根には、女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれており、この地方に住む女性たちはグラマラスなボディをしているといわれています。この天然の女性ホルモンを摂取することによって、バストにある乳腺細胞を刺激することができたり、乳腺を発達させることができるのです。

天然の女性ホルモンといえば、大豆や大豆製品、豆乳などもよく耳にします。これらにはイソフラボンとよばれる成分が含まれています。しかし、バストアップサプリの含まれるプエラリアは、このイソフラボンよりも40倍もの女性ホルモンの働きがあるのです。そのため、より効果的にバストアップさせることができるといわれるのです。

女性ホルモンの働きがよくなることで、バストアップだけではなく、肌のつやをよくしたり、生理不順を改善する効果も期待できるといわれています。

Filed under: PhD ダイエット, サプリ, 健康Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website